車を元に戻す板金修理

板金修理には高度な技術と設備が必要です

塗装剥がれや変形など全般に対処する板金修理

見た目が悪いため修理はしておいた方が良いもの

車は新しい状態だとデザイン通りの滑らかなボディーをしていますが、走行を続けている内に何かしらの原因で塗装の一部が剥がれてしまうことがあります。また大小関わらず、ボディーが凹んでしまうほど大きな原因も少なくありません。中には凹んだままでも走行機能自体に支障が出なかったり基準に達していれば車検に通ることもありますが、何より見た目が悪いため直した方が良いものです。

車の角などボディーがわかりやすい形をしている場合は、ハンマーなどで叩き出して元の形へと近づけます。表と裏の両方から力を加えていって、ハンマーそのものの型はつけないように全体のシルエットだけを作る作業です。ただ板金修理は表から力が加わって凹んでいるのがほとんどなので、裏側から力を加えることができないと元の形に戻すのはほぼ不可能に近いです。タイヤ付近やバンパーなどではなく、ドアの側面のような板金の裏側に別の部品があり、取り外すことも困難な状態がそれに当たります。そんなときはスタッド溶接という方法を使用します。板金を溶かして外から加える金属とくっつけるものですが、強く癒着するためちょっとやそっとの力では外れてしまうことがありません。なのでそのまま外側へと引っ張り出し、凹みを改善できるというわけです。また車のボディーは骨格に板金が張りつけられている形をしています。もしこの骨格が変形してしまっている場合は、ハンマーや溶接機によって力を加えても直すことができないため、別の設備が必要となってきます。板金修理はあくまでも比較的軽い変形を戻すものと考えるとよいでしょう。

仕上げの塗装も一筋縄ではいきません

車の形があらかた元通りに近くなっても、細かなレベルでは傷だらけであり、そのまま塗装をしたのでは凸凹とした仕上がりになってしまいます。そのため仕上げにはその溝を埋めるためにパテが使用されます。硬化する粘土のようなもので、表面を滑らかにします。ただそれだけでは他の部分との差が残るため、研磨作業を行なってからやっと塗装に入ることができます。塗装もまた塗料をただ付ければ良いというわけではなく、ベースコートやトップコートなど複数の層を塗り分けていくことによって、光沢のある仕上がりになります。このように板金修理は、形を整えるだけでなく塗装面においても専門的な知識と技術が必要となる作業です。塗装をごまかすようなアイテムは市販されていたりしますが、本当に綺麗な形に戻すことは、専門家に依頼しなければ非常に難しいでしょう。

人気記事ランキング